もしものときにあなたの火災保険で100%修理・復旧できますか?
AIUのスイートホームプロテクション
火災保険のトップページ 火災保険の特長 火災保険のオプション特約 火災保険の各種割引制度
火災保険の地震保険 火災保険の長期契約 火災保険の無料資料請求 火災保険の提携先リンク

AIUの火災保険 地震保険はこのような方にお勧めです。
アパート・マンション経営の大家さん向け建物火災保険を探している方
火災保険の見直し・従来の火災保険の満期が近い方
オール電化住宅・新築住宅で火災保険の割引が適用できる
   可能性がある方
火災保険の資料請求


火災のリスク ●火災、落雷または破裂もしくは爆発によって保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
自然災害のリスク ●風災、雹(ひょう)災または雪災によって保険の対象である建物または家財について損害(注1)(注2)が発生した場合.
I型-自己負担型
損害の額から自己負担額(ご契約条件により10万円または20万円)を差し引いて保険金をお支払いします。
※契約条件によっては自己負担額のないご契約もできます。
II型-損害額20万円以上型
損害の額が20万円以上となった場合に、自己負担額なしで保険金をお支払いします。
※損害の額が20万円に満たない場合には保険金をお支払いできません。
(注1)風、雨、雪、雹(ひょう)、砂塵(じん)などの吹込みによる損害は、建物外部が風災・雹(ひょう)災・雪災によって破損し、その部分からの吹込みに限ります。
(注2)雪災の損害は、複数の損害が別々の事故によることが明確でない場合は、1回の事故とします。
●水災によって保険の対象である建物または家財が損害を受け、それぞれの再調達価額の30%以上の損害が生じた場合
●保険の対象である建物または家財を収容する建物が、床上浸水または地盤面より45pを超える浸水を被った結果、保険の対象である建物または家財に再調達価額の30%未満の損害が生じた場合

水災による保険金お支払方法
損害の程度 I型-100%
(損害額)
II型-100%(一部定率) III型-70%縮小(一部定率)
@ 再調達価額の30%以上の損害 損害の額×100% 損害の額×100% 損害の額×70%
A 再調達価額の15%〜30%未満
の損害(注)
ご契約金額×15%
(1敷地内ごとに300万円限度)
ご契約金額×15%
(1敷地内ごとに300万円限度)
B 再調達価額の15%未満
の損害(注)
ご契約金額×5%
(1敷地内ごとに100万円限度)
ご契約金額×5%
(1敷地内ごとに100万円限度)
(注)II型III型の場合で、AとBの損害保険金の合計額は、1事故1敷地内ごとに、300万円を限度とします。
日常災害のリスク ●建物の外部からの物体の落下、飛来、衝突、接触もしくは倒壊または建物内部での車両もしくはその積載物の衝突もしくは接触によって、保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
●給排水設備に生じた事故または被保険者以外の者が占有する戸室で生じた事故に伴う漏水、放水または溢水(いっすい)による水濡れによって保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
●騒擾(じょう)およびこれに類似の集団行動または労働争議に伴う暴力行為もしくは破壊行為によって保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
●盗難によって保険の対象である建物または家財について盗取、損傷または汚損の損害が発生した場合
●不測かつ突発的な事故(火災のリスク、自然災害のリスクおよび日常災害のリスクで上記に列挙した以外の事故をいいます。)によって保険の対象である建物または家財について損害が発生した場合
ご契約金額を限度に損害の額から自己負担額(ご契約条件により1万円または10万円)を差し引いて、保険金をお支払いします。(ただし、保険の対象が家財の場合は30万円が限度)
▲このページの上へ

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当該代理店より説明を受け当該商品のパンフレットをあわせてご覧ください。
弊社はAIU損害保険株式会社の契約締結の代理権を有しています。



引受保険会社: AIU損害保険株式会社
取扱代理店: エス・テイ・アイ
所在地: 〒241-0821 横浜市旭区二俣川2-56 アルジャンテ森402
電  話: 045-360-7311  FAX:045-360-7351
  Copyright©2003 エス・テイ・アイ All Rights Reserved.  

承認番号:AIU-首-15-560016